ダイス スロット

ダイス スロット

 リーゼレータとゼルギウスが中心になって執務室の隣室にお茶の準備を始める

わたしはグレーティアに頼んでレティーツィアに連絡を入れてもらった

お茶の時間を少し早めて話し合う時間を作ったことを伝えて、お茶をする部屋へ来てもらう

 レティーツィアとハルトムートからわたしの行動の報告を受けたフェルディナンドが集まった時には、完璧にお茶の準備が整い、範囲指定の盗聴防止の魔術具が作動されていた

「それで、一体何の情報を?」「危険な毒の入った銀の筒をランツェナーヴェの者達は持っています」「知っている

どのような毒か、ローゼマインもエーレンフェストの戦いで見ているので詳細はいらぬ」 フェルディナンドの短い返事にレティーツィアは少し言葉を探すように視線を動かす

「彼等は自分達に毒が効かないようにするための薬を持っています

あなたも好きかも:ミクちゃんガイア 垂水 スロット
ですから、彼等が口元を布で覆っていなくても危険な毒を使うことができます

お気を付けください」「薬?」「はい

お土産にいただいたお菓子ととてもよく似た形や味をしています

あなたも好きかも:アナト カジノ
けれど、最後まで口に含んでいると中心部に少しだけ苦みがありました

あの日、わたくしは供給の間へ向かう途中でディートリンデ様とレオンツィオ様に呼ばれて、それをいただいたのです」 レティーツィアの筆頭側仕えであるロスヴィータが突然姿を消して行方がわからなくなって二日がたち、供給の間でフェルディナンドに相談する時間を取ってもらう約束をした時の話だそうだ

「狭い部屋の中ではとても強力です

あなたも好きかも:パチスロ 遠隔 通報
フェルディナンド様の側近達がどこかへ駆け出した後、レオンツィオ様がアウブの執務室で使いました