パチンコ ザップ 代官

パチンコ ザップ 代官

苦しみから救ってほしいと嘆く声だった

助かりたいと願う切実な言葉だった

『・・・誰か・・・助けて』            『・・・死にたくない』        『・・・お母さん・・・!』      『・・・た・・・頼む・・・』       『いやだ・・・いやだ・・・!』     『水・・・水を・・・』       『神様・・・!』     『苦しい・・・』  『あ・・・ああぁぁ・・・!』   『この子だけでも・・・!』  『何で俺だけ・・・』中には殺してくれと願うものの声まで康太の耳には聞こえていた

声が変わる度に視界が変わり、また同じ苦痛を味わい、康太の耳と脳を直接犯すような時間が延々と続いていた

一体いつまで続くのか、そもそもこれは何なのか

精神を削り取るような時間、一体自分はどうなってしまったのか

あなたも好きかも:パチンコ屋 港北
強い苦痛を与えられ続けている康太には理解できなかった

あなたも好きかも:スロット ケロロ軍曹 終了画面
考えようとすると苦痛が邪魔をするのだ

聞こえてくる声が邪魔をするのだ

まるで死んだ人間が自分をも引きずり込もうとしているかのように、康太を同じ目に遭わせようとしているかのように

「ビー!ビー!しっかりしなさい!どうしたのよ!」文は叫んでいた

小百合たちに状況を知らせようと康太よりも先に公民館に向かおうとし、その前に女性の状態を確認しようと振り返ったその時には康太はすでにその場に倒れていた

苦しそうに呻き、何かつぶやきながら滝のような汗を流し続けている

その表情からして何か異常が起きていることは容易に想像できた

「おい君たち、どうした?大丈夫か?」一人の男性が魔力を放出しながら話しかけてきたことで文はその人物が魔術師であるという事を理解しすぐに康太の方を指さして助けを求めることにした

「私と一緒に行動してたやつがいきなり倒れて・・・!とりあえずそこの公民館に運びましょう!」「わかった

女性の方を頼めるかい?私はこの子を運ぼう」「わかりました

まったくもう・・・!どうしたってのよ・・・!」文は康太が背負っていた女性を運ぶべく自らの体に肉体強化を施し、しっかりと背負ってから移動を始める

公民館の近くだったからよかったもののこれで公民館から大きく離れていたら魔術師からも見つからずに立ち往生してしまっていたかもしれない