鉄拳 エンジェル パチスロ

鉄拳 エンジェル パチスロ

他にも戦争関連の事で話したい事もありますが、暗い雰囲気というのは長く続けると気が滅入ってしまいます

あなたも好きかも:パチンコ 閉店 間際
なので、今夜改めて話しましょう

今度はブラックさんとその側近の方たちも交えて」「あ、ああ! そうしようか!」「う、うん……」「分かった」「問題ない」「……えと……うん……」「了ー解ー♪ 王様ー♪」 そしてその空気を終わらせるべく、マルスはライたち六人に提案した

 ライたち六人はライ、レイ、エマ、フォンセ、リヤン、キュリテの順で頷いて返し、それを聞いたマルスは言葉を続ける

「……では、今夜はこの城に泊まっていって下さい

ライさんたちの旅の話を聞きたいです」「……え? 良いのか? こんなところに泊めて貰って……確かに宿を探す手間が省《はぶ》けるけど……俺たち一応侵略者だぞ?」 マルスが話したのはライたち一行をこの城に宿泊させるとの事

 ライたちにとっては確かに有り難い事なのだが……悪魔で侵略者的な立場の自分たちを客人として泊めるのはどうかと突っ込むライ

そう簡単にこの街は征服させませんけど、貴方たちはそんな悪い人たちに見えません

あなたも好きかも:パチスロ データカウンター
ブラックさんとカディル、その他の者たちにも伝えておきますので、外に行くなりこの城を探索するなりで夜の話し合いまで時間を潰していてください!」 何も企んでいなさそうな、純粋な笑みを浮かべて告げるマルス

 過去に色々あったようだが、だからこそ愛想の良さを身に付けたのだろう

 その後ろではヴィネラも内心ワクワクしているようにソワソワしていた

「……えーと……じゃあ、はい

あなたも好きかも:じゅーしはにー パチンコ
有難う御座います王様

その心使いを受けましょう」 泊まらせて貰える立場となったので、ライは敬語を使ってマルスに告げる

 マルスは「はい」とだけ言い、席を立ち上がった

 それにつられて立ち上がるライたち六人

 こうしてライ、レイ、エマ、フォンセ、リヤン、キュリテの六人は、成り行きで城に泊めて貰える事となった

──"マレカ・アースィマ"・城の宿泊部屋