エクストラ・ワイルド

エクストラ・ワイルド

たったそれだけの……、ことだったから……

くはっ、くはははは……」 俺は自嘲した

 すぐに『王竜(ロード)』は首を振る

『何もない訳ない

あなたも好きかも:パチンコ ゴム 威力
あの扉の先に、邪神様は確かにいる

その邪神様の〝誰もが幸せになれる魔法〟で、あなたは『幸せ』な結末が約束されて――』「いないから、おまえは死んだんだろ? ……やっぱり、『過去』の頁は、俺自身の手で捲るべきだったな

あなたも好きかも:パチンコ シンフォギア オカルト
くははっ……

あなたも好きかも:香港国際空港 マカオ
楽して魔法で読み飛ばすから、こうなる……

まだ里の儀式が続いていることすら、俺は気づけていなかった」 泣きながら、はっきりと幻覚に言い返してやった

 ただ、その反論の仕方は、自分の言葉と少し違うと思った

 この物語中毒らしい表現は、誰が言っていた? たぶん、カナミだ

ティアラとヒタキとラスティアラを喪(うしな)い、しかし「死ぬまで真面目に頑張って生きようとしていたカナミ」から、一番大切なのは「自分の力で進むこと」と、俺は教えて貰っていた

最初から――『……里の儀式は、もう全部終わってる

千年前に』「いいや、まだ続いてんだ

だって、あれは邪神を殺して、『世界の主』を奪うまでが儀式だった

なのに、千年前の俺は、邪神に救ってくださいって祈っちまった……

おまえと一緒だな

だから、あのクソ儀式は変質しちまった

『適応』は大人たちが代々作ってきたものかもしれない