ラドブロークス

ラドブロークス

「ほ、ほんとだから安藤さんっ

あなたも好きかも:オンラインゲーム 野菜村
先生、やましいことなんてしてないからっ」 戸惑い焦りながら身の潔白を訴える彼に、華音は「うんうん」と苦笑した

「わかってるよセンセェ

だいじょぶだからぁー

そゆんじゃないからぁー」 困った先生だなぁ、と言わんばかりに情けなく笑われ、糸原は瞬きを繰り返すと、首を傾げて優樹に目を戻した

「あれ? ……じゃあ、えー、と……」 なんの用? と目で問われ、優樹はためらいながらも間を置いて切り出した

「……原田先生から聞きました

……糸原先生のこと」 その出だしに、糸原は表情をなくした――

不快さや怒りや悲しみ、そんなものは一切感じられない、無感情な糸原に優樹は一瞬戸惑ったが、それでも、途中で止めるわけにはいかず続けた

「……原田先生の話が本当なのか……先生からもお話を聞かせてもらえませんか? ……いろいろと知りたいんです」 笑顔もなく真顔で伺うと、状況を悟ったのか、糸原は間を置いてぎこちなく笑った

「そうか

あなたも好きかも:諏訪天姫 スロット
……わかった」 もしかしたら断るかも、と思ったが、糸原は「じゃあ」と、自ら進んで生徒たちのいないスペースを探し、優樹たちを導くように歩いて緑の葉を揺らす大木の下へと向かう

あなたも好きかも:パチンコ 練馬 駅前
そのあとを、優樹を先頭に追いながらみんなは顔を見合わせた

 優樹がなんの話を聞きたがっているのか、わかっているのだろうか? だとしたら、やはり彼は――「……原田先生、先生のことを嫌っていただろ?」 自虐的な笑みを浮かべながら問われ、彼の斜め後ろから付いて歩いていた優樹は「えっ?」と戸惑いを露わに首を振った

「そ、そんなっ……嫌ってなんてっ……」「大丈夫、知ってるから

“先輩”に嫌われてる、ってね」 焦る優樹に糸原はニッコリと笑うと大木の下で足を止め、根本に広がる青草の上に座った

その側に優樹も少し距離を空けて腰を下ろし、洋一たちも周りに腰を下ろしたり、木にもたれて窺う

「それで? 何が知りたい?」 代表を優樹に絞って問う糸原に、状況をあまり理解していない洋一たちも異論なく聞き手に回る

優樹は少し膝に視線を落とすと、間を置いて真顔で切り出した