西葛西 パチンコ

西葛西 パチンコ

 油も勿体ないので、すぐに消して魔法袋の中に収納した

 不思議な洞窟もあった物だと感心する

 そしてこの景色はとても美しい

 青白く輝くキノコは暗い洞窟を淡く照らし、自然にできたこの洞窟を隅々まで来訪者に見せつけるかのように輝いていた

 岩の隙間から零れる水滴がその光に反射して輝いている

 地面も所々輝いている場所があるのだが、それは鉱石の欠片の様だ

あなたも好きかも:北斗の拳 スロット 将
 しゃがんで手に取ってみると、黄色い鉱石であると理解できる

「これがその鉱石であるか」「色は分かったのぉ

あなたも好きかも:パチンコ 吸血鬼
さて、儂らはゆっくりと砥石になりそうな物でも探してみようかのぉ」「うむ」 この二人にとっては、クオーラ鉱石こそが“ついで”に当たる作業であった

終始青白い洞窟の中にいると、色彩感覚がおかしくなってきそうだが、目に優しいのは変わりない

あなたも好きかも:パチンコ 勝った時 あるある
 だが同じ色を見続けるのは飽きてきた

 時折手元にあるツルハシを見て、その感覚を取り戻そうとするが、やはりこれも青かった

 二人は今、大きな洞窟を周回していた

 光るキノコがあったところから数分も歩けば、すぐに開けた場所に出たのだ

 そこからは壁伝いに歩いていって、砥石になりそうな石を探す為にツルハシで適当に叩きながら、その石の特性を手の感覚のみで把握していた

 なにせ色が全て青なのだ

 目視で得られる情報は非常に少ない

 かれこれこの洞窟に潜って一時間以上たっているが、目的の物は見つかっていなかった