龍が如く スロット 演出

龍が如く スロット 演出

あなたも好きかも:バカラ スペル
細かいことは、ダンエッジと話し合ってくれ」「ダンエッジ?」「この龍府の真の支配者さ」 彼が自嘲気味に笑った理由は、シーラにはわからない

「はあ?」「司政官だよ

あなたも好きかも:オンラインゲーム 新作
俺の代わりに龍府を取り仕切っている」 セツナ自身の補足でようやく合点がいく

要するに領伯であるセツナの代わりに領地を運営するよう、国から派遣されてきた代理人なのだ

本来ならば領伯が行うべき仕事を肩代わりしている、ということだ

そしてそれは恥ずべきことではない

セツナは、戦争においてガンディアに多大な貢献をもたらしているのだ

この龍府をガンディアが無事に手に入れることができたのも、セツナの活躍が大いに関係している

むしろ、胸を張るべきなのだ

「俺が会っても大丈夫なのかな?」「そうだな……ダンエッジと話し合うのは、ウェリスかクロナのほうがいいかもしれないな」「姫様は髪がねえ」「仕方ねえだろ

セツナが染めろっていうなら、染めるけどさ」「そこまでする必要はないさ

それにダンエッジに知れたからといって、問題になるわけじゃない

あなたも好きかも:パチンコ 小当たりラッシュ 仕組み
ダンエッジがアバードと繋がっているのならともかく、そんなことはありえないしな」 セツナは、ダンエッジという人物が信用にたるものだと断言したようなものだった

もっとも、ダンエッジ=ビューネルのひととなりを信頼しているからではないということだ