009 パチンコ 215 突入率

009 パチンコ 215 突入率

 まさかこの命令が、のちに「名無しヶ丘の戦い」と呼ばれる合戦を泥仕合へ導くとは、この時誰も予想しえなかった

◇◇◇ 一方、闇渡り側でも、事態は当初の思惑から大きく外れてしまっていた

 本来なら密かに掘り進んだ坑道を使って大きく戦場を迂回し、本隊が持ちこたえている間に背後から奇襲をかけて攪乱《かくらん》、本隊が前進し挟み撃ちにする……という筋書きだった

 だが、肝心の坑道からは夜魔があふれ出し、作戦通りに進軍している者は百名にも満たない

坑道の幅の狭さが一度に入り込める人数を制限してしまったため、イスラが天火の台座を叩き落とした時点ではほとんど戦力の投入が出来ていなかったのだ

あなたも好きかも:閃乱カグラ パチンコ 隠しキャラ
 サウルの手元にはおよそ二五〇〇の兵力が残った

あなたも好きかも:青鬼 スロット ロングフリーズ 確率
四〇〇ほどを割いて坑道の夜魔を対処させているが、防衛線を維持するのがやっとのところだ

「つまり、俺らが生き残るには都軍《あいつら》をぶち抜くしかないってわけだ」 しかし、当のサウルは悠然としていた

「ギデオン」が裏切り、せっかく奪った天火が失われたと聞かされたときも、表情に変化は現れなかった

 ただ「そうかぁ」と呟き、夜空に浮かぶ月を見上げただけだった

 その不気味なほど静かな態度に、さすがのアブネルも何かうすら寒いものを感じた

一瞬後には憤怒の形相で振り返ったサウルに首を刎ねられるかもしれない……サウルは失敗を赦す男ではないから、自分もまた伐剣の餌食になるだろうと覚悟していた

あなたも好きかも:大館 パチンコ 休業
 だが、いつまで経ってもサウルは怒らなかった

 周囲に矢や焼夷弾が降り注ぎ、炎がすぐそこまで迫っているにも関わらず、櫓の上で身じろぎもせずにいる

 熱風が陽炎《かげろう》を生み、火だるまになった人間を揺らめかせる