パチンコ 若宮

パチンコ 若宮

「セリス王妃殿下がそうだった」 シドが告げてきたのは、先ほどの話の続きだろう

振り向く

「なんだと……?」「セリス王妃殿下は、死ぬことによってしか救われない状態でした

あなたも好きかも:パチンコ 95 継続
精神を病まれていた

たとえ、シーラ姫をセンティアで殺せていたとしても、王妃殿下はみずから命を絶たれていたことでしょう

娘を死に追いやった苦しみに耐え切れず」「それがわかっていて……!」「止めようがありません

わたしどもが止めたところで、どうにかなるものでもない

わたしたち以外の力を頼り、同じことをしたでしょう

あなたも好きかも:パチンコ ギャラリア
まさか、あなたになら止められた、とでもいうおつもりですか?」 問われて、セツナは口ごもった、返す言葉もない

彼の言うとおりだった

止められるわけがない

止めようがない

止めようとしたところで同じことだ

シドのいうように、セリスは、なんとしてでも実行しようとしただろう

それ以外救われる方法がないと信じているのならば、なおさらだ

「できないでしょう

だれにも、ひとの想いを止めることはできない

動き出してしまったものを止めることなど、そう簡単にできるものではない」 シドは、それから天を仰いだ