秦野市 パチンコ マルハン

秦野市 パチンコ マルハン

荷物はどうなるのだ?」「あ、それは大丈夫ですよ

荷物置き場にはこの揺れを受けない魔法陣が設置されてるから、三百六十度回転しても大丈夫!」 ついでにこの揺れに慣れない人のための部屋も用意されているということも説明した

「そういえばヴァート殿、そろそろ変わるよと言っていたが……」「あー……ヴァートさんは北大陸に来たことありますもんね」「――逃げたな! あの根暗魔術師!」「――逃げましたね! あの根性なし!」「は、はは……おおっ!?」 スピードが上がってきたせいか、揺れも激しくなっていく

あなたも好きかも:パチンコ r
 私とニナは懐かしいとはしゃぐ中、アルビオ君達は必死に手すりにしがみつく

「あ、あの! これ、船壊れませんか!?」「だから魔船なんだよ

丈夫に作らないとダメだったからね」「ここ以外の入り口は!?」「それこそ拠点地から徒歩だよ

あなたも好きかも:ポーター カジノ 2ch
数日は歩くって言ったよね?」 アルビオ達はゾッとした

 あの極寒の中、アンバーガーデンにまで続く徒歩への道を

 この船でどんどんスピードを上げて降っていることを考えると徒歩への道など、それこそ途方もない話である

 ちなみに階段が作られており、それで降りると訊いた時には、さらにゾッとしたという

「下流を下るのは大丈夫で、魔物の場合はダメってどんなんだよぉー!」「魔物の場合は攻撃が的確でしょ? 今下ってるのは、あくまで安全ルートだし……」「これのどこが安全――おおっ!?」 船が大きく跳ね上がり、思わず宙に浮いた

「あわわ……これ、アンバーガーデンに向かう前に死んじゃう!」「大袈裟だね

楽しいじゃない? ねえ?」「そうそう! やっぱり最高だよ! この無重力感とか……」 楽しそうに話す私とニナをドン引きするように見ているが、ここにいる周りのお客も楽しんでいる様子に気付く