パチスロ 実況 スレ

パチスロ 実況 スレ

 そのLCUに乗せられていたのは、チーフテンMk11とチャレンジャー2

そして一番後ろには、シュタージのメンバーが運用するレオパルト2が鎮座している

 俺たちもこの作戦に合わせて戦車に改良を施したけれど、一番その改良で変わったのは、間違いなくシュタージのレオパルトだろう

 レオパルト2A3だった彼らのレオパルトは、一気に最新型の『レオパルト2A7+』へと改良されていた

第二次世界大戦で活躍したティーガーⅠを彷彿とさせる砲塔を搭載していた形状から一気にエイブラムスを思わせる形状の砲塔に変わっているせいなのか、全く別物になったようにも見える

 しかも、どうやらこのレオパルトが搭載しているのは普通の戦車砲ではないらしい

 見分けがついた理由は、砲身の太さと砲塔の大きさだ

あなたも好きかも:スロット スーパーリノsp
明らかに砲身は120mm滑腔砲を搭載しているチーフテンとチャレンジャー2よりも太いし、砲塔も一緒に搭載されている戦車よりもでかい

あなたも好きかも:島根 パチンコ 手数料
 おそらく、このレオパルトは―――――――120mm滑腔砲ではなく、試作型の”140mm滑腔砲”を搭載しているのだ

あなたも好きかも:防空少女ラブキューレ スロット フリーズ
 一般的な主力戦車(MBT)の主砲は120mm滑腔砲となっているが、それよりも20mmも大きい砲弾をぶっ放すことができるというわけだ

しかも砲塔の上にはさり気なく、ロケットランチャーなどの敵からの攻撃を迎撃するためのアクティブ防御システムが搭載されており、防御力も強化されている

 かなり変貌してしまったレオパルトを見つめていると、砲塔のハッチからひょっこりとクランが顔を出した

どうやら車内で最終調整をしていたらしく、ハッチの中からはモニターの光が溢れている

「よう、クラン」「あら、ドラゴン(ドラッヘ)」「そいつは140mmか?」「そうよ」 すっかり変わってしまった戦車の砲塔の表面を優しく撫でたクランは、微笑みながら言った

「大口径の方が有利でしょ?」「操縦は? 訓練はしたのか?」「ええ