弥富 パチンコ オープン

弥富 パチンコ オープン

だが実際問題康太と真理は小百合の弟子で、文はエアリスの弟子だ

互いに友好関係を持っているとはいえあくまで他の師弟関係に口を出すわけにもいかないのである

あなたも好きかも:ゴールデンキング
家族間の問題に似ているが、それぞれの師弟関係には暗黙の了解のようなものが存在しているのだ

そこに一応は部外者である文が口を出すわけにはいかないのである

もっともそんな細かいことを小百合がいちいち気にするとも思えなかったが

何よりも康太と真理は文が巻き込まれることを危惧したのだ

あなたも好きかも:アクエリオン パチンコ 信頼度
今文はエアリスからその身柄を預かっている形になる

これで小百合が暴走して何かやらかしたらエアリスに合わせる顔がない

文を小百合の毒牙に晒すわけにはいかないという点において康太と真理の考えは一時的にだが一致していた

「考えてもみろ、仮にお前が何か言ったところで師匠が何か影響を受けると思うか?」「それは・・・」いくらそういう状況を想像したところで小百合が折れるような未来は想像できなかった

傍若無人を絵にかいたような人間である小百合が部外者で何よりエアリスの弟子である文が何か言ったところで素直に聞き入れてくれるとも思えなかったのである

「そう言う事です

師匠の暴挙は慣れたものですから、文さんは気にしなくていいんですよ

師匠の相手は私と康太君でやりますから」「まぁあれだ、もし俺と姉さんの両方がダウンした時は介抱なりなんなり頼むと思うからその時は助けてくれ」康太にとっては真理が、真理にとっては康太が自分を助けかばってくれる存在なのだ

もしその両者が倒れた場合かばってくれる人も助けてくれる人もいなくなる

その時は文の力を借りる

そんな時が来ないことを祈るがいつかそんな日が来るだろうなと二人は確信していた

なにせ小百合の事だ、一体どんな面倒事や暴虐を働くかわかったものではない