那覇 バカラ

那覇 バカラ

 引戸(ひきど)の横の柱を叩く

「もし」 沈黙

 しばらく待つことにした

 周囲を眺める

あなたも好きかも:ぱちんこ 新内規
 すると、隣に小さな庵(いおり)が建っていた

 タガネは小首を傾げる

あなたも好きかも:プレミア パチンコ とは
 山からの方角では隠れていたので、見えなかったのだろう

あなたも好きかも:スロット カウンタ
「何か、怪しい」「……………ぁーい」 そのとき、屋内から声がした

「どちら様?」「ちと期限を過ぎてしまったが、依頼の文を受けた傭兵のタガネという」「ゃっと来てくれたか」 戸が開かれた

 薄暗い屋内に青白い顔が現れる

 長身痩躯(ちょうしんそうく)の男性の笑顔だった

 薄い無精髭を生やした口元から、潰れかけて掠れた声を出す

 少年タガネは怪訝に見つめた

「おまえさんが依頼人?」「ぁあ、そうだよ」「改めて、傭兵のタガネ」「私(ゎたし)はギマ、旅芸人だ」「旅芸人?」 タガネは目を眇めた

 旅芸人の職能を有する人間

 それが一箇所に留まるのは珍しい

「失礼だが、この村に住んでるのかい」「ぁあ、妻と…………娘がいる」「なるほど」「私は仕事で家を空けることがぁるんだが、つい一年前に亡くなって、それから娘が…………ぁあ、依頼といぅのはぁ娘のことなんだが」「すまない、依頼を受けるかは話を聞いてからでも良いかい」「そ、そぅだよな」 男ギマが意気消沈(いきしょうちん)する

「ま、まずは中へ」「ああ」 タガネも顔を苦くした