ウィリアムヒル 登録

ウィリアムヒル 登録

ルウファ・ゼノン=バルガザールの無事は、大将軍アルガザード・バロル=アルガザードの士気にも関わることだ

 もし、ルウファが戦死するようなことがあれば、アルガザードの戦意は著しく低下するか、むしろ飛躍的に上昇するかのどちらかだ

ルウファは彼の次男であり、長らく彼の元を離れていた

レオンガンドは、アルガザードのルウファに関する愚痴を聞くことも少なくはなかった

それだけ期待していたということでもあるし、愛していたということでもあるだろう

 そのルウファは、武装召喚術を身につけることで、父や兄とは異なる方法でガンディアに貢献しようとしていたようである

実際、王都に帰還した彼は、その武装召喚師としての実力でガンディアに多大な恩恵をもたらしてくれた

 ログナー戦役では、周辺諸国の目を欺くためにセツナ=カミヤを演じたため、直接戦いに関与はしていないものの、彼のおかげでセツナを自由に動かすことができたのだ

そして、ザルワーン戦争においては、ナグラシア襲撃からバハンダール制圧、ミリュウ部隊との戦いに至るまでを戦い抜き、すべての戦闘で活躍したという

 アルガザードにとって、彼の活躍ほど嬉しい事はなかったはずだ

あなたも好きかも:ぱちんこ インパクト
家族でガンディア王家を支えるという、彼の長年の夢が叶いつつあるのだ

あなたも好きかも:マクロス パチンコ 199 保留
 ルウファが戦死していれば、その夢は幻と消え失せていた

あなたも好きかも:弱虫ペダル スロット 打ち方
彼は絶望するか、激昂しただろう

どちらにせよ、ガンディア軍には望ましくない影響を与えたに違いない

(生きていてよかった) アルガザードの心情、ガンディア軍への影響のみならず、レオンガンド自身の感情として、ルウファの無事を喜んだものだ

 レオンガンドは、王都において、ルウファと対面したときのことを覚えている