スロット エヴァ 勝利への願い 第三種警戒態勢

スロット エヴァ 勝利への願い 第三種警戒態勢

どうして、あたしの脚は動かないんだと、恨み言をぶつけたくもなる

けどね、責任があったとしてもだ、あんたがそこまで苦しむことはないんだよ」「しかし……自分には責任があり、貴殿にどう責められようとも、返す言葉は、ないのです」「責めても気は晴れないよ

脚は戻らない

要求はないんだよ、若いの

あたしはこれからも、脚を気にして生きていくしかない

あんたは――罪の意識を抱えたまま、生きて行くつもりかい」「償いもできないのは事実であります、マァム

あなたも好きかも:まどマギ パチンコ アプリ やり方
であれば、自分は」「しっかりしてるねえ、若いの

うちの孫にも見習わせたいくらいだ

あなたも好きかも:デッドマン ワンダーランド パチスロ
どうすれば、あんたの気が楽になるんだろうねえ……」「許されようと思って、来たのではありません

自分は――」「あたしを気楽にさせようと思ってきたのかい

嫌なことを、思い出させるはめになるとわかっていて」「……反論は、ありません」 作戦行動中だから――ただそれだけの理由で、かつては頭を下げることもできなかった

それがずっと、今まで引き延ばされていて、それはオボロの怠慢でしかない

「もう帰りな

これ以上の言葉は、浮かばないよ」「――っ、自分は!」 何かを言おうとして、後ろから肩を掴まれた

驚いて振り向けば、コノミが肩を握っている

その視線は、優しさの欠片もなかったけれど

「……はっ、お邪魔致しました、マァム