最上 スロット 艦これ

最上 スロット 艦これ

「ご、ごめんなさい

あなたも好きかも:パチンコ 花月 新台
……あ、あの……、その……

……、……

怒ってる?」 二人に大きく頷かれ、ガックシと頭を落とす

 反町は深く息を吐いて一平を見上げた

「……そっちで彼女の方は任せてもいいよな」「……

あなたも好きかも:パソコン オンラインゲーム 低スペ
……わかった」「じゃあ、場所がわかったらケイタイに連絡をくれ

オレたちは念のために先生に場所を聞いてみる」「おお

あなたも好きかも:九龍 マカオ フェリー
……すまん」「……いいよ

……ヨリ、戻さないわけ?」 首を傾げると、一平は目を据わらせて大介と未奈子のあとを追い掛けた

その背中を見送って反町は優樹に横目を向ける

少し恨めしそうなその視線に優樹は戸惑い数歩後退し、俯いて目を泳がせた

「ご、ごめんね……

ほんとに、その……、ごめんね……」 申し訳なく謝られ、反町は深く息を吐いた

「……もういいよ

オレが一緒にいるから」 優樹がそろっと不安げに顔を上げて窺うと、反町は苦笑し、彼女の腕を撫でた

「ここに来たのは腹が立つけど……、会えたのは嬉しい

……このままあいつらに全部任せてどっか行く?」 優樹は顔を赤くして困惑げに目を泳がせる