シェイク (パチスロ)

シェイク (パチスロ)

それに加えて、大いなる翼に入ったことの無いサーニャ、そしてメイリンが同行を申し出る

マナカは何も言っていないが、ずっとクラーゴンにベッタリなので恐らく一緒に行くのだろう

六人を引き連れたミシェルが、パーティー会場と化した俺の部屋を出て行く

あなたも好きかも:東京都 パチンコ 国領
残ったメンバーの大半はアルデハイトが引き連れて、 中央山の重鎮たちとの顔合わせがこれからあるらしい

重鎮と言っても、ミサキや大老ミイ、そしてザルガスと元盗賊団たちが大半だが……

俺は部屋から出て行った全員に手を振り残ったワハや銀海老、そしてマイカと散らかった部屋の片づけを始める

もう食べられない分の食べ残しを生ゴミ用のバケツに突っ込みつつ、 皿を重ねて片付けながらマイカに「お前はいかないでいいの?」と尋ねる

「……よい……リフレッシュ……したい……休暇に……した……」 「自分で休暇にできるのか……」 「……うむ……私が……部門……トップだ……」たぶんローレシアンの諜報部とかのことだろうが怖いのであえて聞かずに、別の話題を探す

「この部屋で休む感じ?」 「……そうだな……ここ……私の……家……」 「たまにはルーナムさんに会いに行くとかどうだ?アルナにも」アルナのことは気になる

第四王子にも直接会ったことはまだない

あなたも好きかも:dororonえん魔くん メ~ラめら スロット
「……うむ……タカユキ様も……休暇……とれ……一緒……行こう……」 確かに大いなる翼の修理がまだ終わっていないし、 結婚式もまだ開くまでは、色々と手順が必要そうなので、 良い考えかもしれない

あなたも好きかも:ファーストパーソン・ドリームキャッチャー
「タガグロもいい?気晴らしさせたい」 「……よかろう……皆で……ルーナム居る……ミーシャ直轄地……そして…… ……第四王子領……行こう……運転……する……」ミーシャ直轄地とは元第三王子領のことだろう

「お前の運転か……マシーナリーにピンクのヘリ借りていかない?」マイカは片付けている手を止め、残念そうな顔をして考え込んだ後に「……うむ……そうだな……だが……今日は……ゆっくり……しよう……」 「そうしよう」ソファやテーブルの位置を元に戻しながら深く安堵している自分に気付く

色々とありながら仲間を一人も失うことなく やっと自分の拠点に帰ってこれて、しかも死んだと思ったクラーゴンまでも帰ってきた

これで当面は結婚式にゆっくりと集中するだけである