007 動画 カジノ ロワイヤル

007 動画 カジノ ロワイヤル

どんな主人公がどういう出来事でなにをなしどうなったのか 項題がさらに長くなりました

 でも恐れる必要はありません

 先ほどの「どんな主人公がなにをする物語」かを「起承転結」で表しただけです

「起」:「どんな主人公が」「承」:「どういう出来事で」「転」:「なにをなし」「結」:「どうなったのか」 これが「企画書」バージョン2です

あなたも好きかも:パチンコ 八潮 おすすめ
 バージョン2に進めると、この物語が面白くなりそうか、ならなそうかが見えてきます

 プロになったとしても、この「企画書」が創れると担当編集さんとの意見交換が活発になるのです

「こんな物語を書きたいんですけど」と担当編集さんに提案するとき、ある程度どういう物語かわかりやすい「型」に入っているほうが共有しやすい

あなたも好きかも:jacin スロット
 では『ロードス島戦記』と『ソードアート・オンライン』で見てみましょう

 まず『ロードス島戦記』の例です

「起」:「どんな主人公が」父が聖国ヴァリスの聖騎士で自らも聖騎士に憧れるパーンが「承」:「どういう出来事で」聖騎士を目指して村を出発し、ヴァリスで騎士見習いとなってファーン王がマーモ帝国のベルド皇帝の一騎討ちで相討ちとなるのを目の当たりにして「転」:「なにをなし」ロードス島の裏で善悪のバランスをとる灰色の魔女カーラを倒し「結」:「どうなったのか」カーラに肉体を乗っ取られたレイリアを助け出す まぁ完成された物語を元に「企画書」を書いているので、出来すぎの部分はあります

しかしこのくらいの「企画書」でもどんな長編小説になりそうかはわかりますし他人にも伝えやすいですよね

これが「企画書」を書く理由です

 次は『ソードアート・オンライン』の例です

あなたも好きかも:カジノ 川崎
「起」:「どんな主人公が」VRMMORPG「ソードアート・オンライン」のベータテスター通称ビーターのキリトが「承」:「どういう出来事で」正式オープンした「ソードアート・オンライン」が「誰かが浮遊城アインクラッドを攻略しないかぎり生きてログアウトできない」事態に陥り「転」:「なにをなし」謎の人物とプレイヤー全員ログアウトを懸けて一騎討ちに挑み「結」:「どうなったのか」アスナの献身により一騎討ちで勝利して全プレイヤーが解放された こちらもかなりざっくりとしていますが、まぁ「企画書」バージョン2段階ではこの程度を決められたらじゅうぶんです

 この「企画書」バージョン2を書き出せるようになれば、いつでもどこでも新しい物語を生み出せます

物語に必要な「起承転結」が揃っているのですから