スロット 花火 解析

スロット 花火 解析

例えば・・・えーっとあれは何年前だったかな・・・?前支部長の・・・しかもだいぶ前、僕らがまだ修業中だった頃の話だよ

協会の門が転移系の術式であることは知ってるよね?」支部長の言葉に康太はうなずく

普段から門を使っている人間からすれば周知の事実だ

門の原理としては転移系統に属している魔術

それも方陣術によって龍脈の力を用いて発動できるようにしている

長距離にわたる転移の魔術に必要な大魔力を、龍脈の力を用いることによって成り立たせている

細かな場所の調整などは、門を管理できるだけの実力者たちを育成することによって成り立たせている

高度な技術であり、維持するのもなかなか難しいが、それでもそれだけの価値がある術式である

「さて、門の作成と、維持、安定が確立したけれど、逆にそれを利用していろいろとやろうとした人もいたわけだ

あなたも好きかも:パチンコ 一回交換 無制限
しかもそれが本部や支部を巻き込んだ大事件になったわけだよ」「どういうことです?」「うん、転移の術式の基本的な理屈は知っているかい?」「いいえ知りません」「だよね、うん

簡単に説明しよう

移動先であるAとB、この二点間の距離をゼロにするために用いられる手法はいくつかあるけど、協会の場合は発動する二点にそれぞれ同じ術式を用いて空間の穴を同一化させることで通路にしてるわけ」「・・・?」「うん、理解できないよね

あなたも好きかも:ソシオ パチンコ屋
つまりこういうこと」そう言って支部長は適当なメモ用紙を折って一か所に穴をあける

「つまり、二点の、この穴とこの穴を同じ穴にしてしまえば

片方から入れば片方に出るってこと」「・・・・・・?」「どこでもドアを使おうとすると、移動先にもどこでもドアが出現するあの理論!」「あぁ!」支部長の半ば自棄になった説明で康太はようやく理解することができた

とはいえ適切な説明ではないためにこの後の説明にどうつなげようかと支部長も困っていたが