ガンソード パチスロ

ガンソード パチスロ

幼少の頃から射撃訓練を経験し、小遣いを稼ぐために魔物と戦っていた頃から戦う事になれていたんだろう

あなたも好きかも:代打ち パチンコ 相場
無意識のうちに右手が伸び、背中のアンチマテリアルライフルの銃床を掴んでいる

 左手で折り畳んである銃剣を展開し、スコープの蓋を開けて狙撃準備に入る

出発前に照準は調整してあるし、移動中も定期的にチェックを繰り返していたので、調整し直す必要はないだろう

「ど、どうしたの?」「………警戒しろ、魔物かもしれない」 少なくとも、チャレンジャー2のエンジン音ではない

まるで何かが崩れ落ちてくるかのような重々しい音である

 ナタリアに「車内に戻れ

あなたも好きかも:パチンコ エンペラー上天草店
外は任せろ」と言いつつ砲塔の後ろに隠れると、ナタリアは心配そうに俺を見つめてから、首を縦に振って砲塔の中へと戻っていった

あなたも好きかも:パチンコ はっちん
 無線機の電源を入れ、車内の仲間たちに指示を出す準備をする

この雪山に生息しているのは危険な魔物ばかりであるため、現代兵器と戦車で武装していると言って油断するわけにはいかない

高を括って対策を立てなければ、死ぬだけなのだから

 息を呑みつつ、音の聞こえてくる方向を睨みつける

現在俺たちの乗るチャレンジャー2はちょっとした坂道をドーザーブレードを装備しながら登っている真っ最中なんだが、音が聞こえてくるのは斜面の上からだ

集中して音を聞き、魔物の足音なのかどうかを判別し始めるが………この音は何だ? 魔物の足音とは違って重々しい音がずっと続いている