悪魔上ドラキュラ パチンコ

悪魔上ドラキュラ パチンコ

 この時のフジカも、同じ思いを抱いていただろう

ギィールの奇妙な構えもさることながら、そのまま間合いを詰めてくる相手に対して、探りを入れている段階だ

 そして、間合いに入れば、ゆらりと切っ先が揺れて持ち上がる

現実的には速い動きだったが、ギィールの体感としては空気を押しのけるような、滑らかな動きだった

 持ち上げられた刀は、肩口から胴体へ向かう軌跡で振り下ろされる

あなたも好きかも:ios スロット
 肩に触れる前に、ギィールは左手で刀の腹を横から触れた

触れてから、左腕を伸ばすよりも前に、左足を外側に開き支点として、円を描くように右足を回して、真横から踏み込みを行う逆手順

 本来ならば、触れる前にそれを行うべきだが、そんな暇はなかった

あなたも好きかも:スロット 朝一 1万円
 全身を使った衝撃はしかし――刀には届かない

 掌に集まった〝衝撃〟が、あろうことか刀に当たることもなければ、徹ることもない

故に、力は溜まり、まるで鏡のように跳ね返る

それを受け流すこともできたが、しかし、ギィールはこの時点で一つの結論を抱いていた

あなたも好きかも:宮崎 パチンコ オープン 時間
 つまり

 この刀は、壊せない

壊せないどころか、そもそも、自分の攻撃は届かないのだと痛感した

 だから、その衝撃に弾き飛ばされることを選択し、リングの隅に着地すると、ぴょんと飛び跳ねて自ら棄権したのだ

「とまあ、そんなことがありまして」「そのあと、ギィールはフジカにめっちゃ説教喰らってたよねー」 そうなのだ

なんで止めたんだと理由を説明させられた上で、いかに自分が楽しみにしていたのかを説かれ、仕方なく街の外で軽く手合わせをした

「俺の知らない手合いだが……得物については何か言ってたか? 銘は?」「リウ、と」「あれか――……お前はどう見た」「刃物に作り手の心が見えることはありますが、紛うことのない魂に触れたのは初めてでした」「ふん、よく見てやがる」「でも、フジカ以外って、そういないよね