シャコガイ ブラックジャック

シャコガイ ブラックジャック

「ふふ、どのような情報でも0よりはマシだろう

寧《むし》ろ支配者が此方の存在に気付いている事実で、私たちが躊躇《ちゅうちょ》する必要は無くなったという事だ」 そんなライに向け、軽く笑いながら話すエマ

 エマの考えている事は、彼方《あちら》が仕掛けてきた事によって迷い無く攻め込む事が出来るという事

「ああ、その通りだな

あなたも好きかも:スロット 吉宗 6号機
これで俺たちも行動を起こしやすくなった」 そんなエマの言葉に賛同するライ

 闇雲に暴れ回るという事では無いが、取り敢えずライたちが攻める時には心置き無くやれるだろう

あなたも好きかも:ウエブ マネー 購入
 何故なら、向こうは既にライたちへ攻撃を仕掛けたのだから

あなたも好きかも:アルミホイール ジョーカー
 要するに相手側から放たれた一種の宣戦布告である

「しかし、行動するにしてもどうするんだ? 支配者側は私たちの顔は知らないにしても、恐らくライの顔はウラヌスとやらが報告しているだろうし……」 ライの言葉を聞きつつ、眉を顰《ひそ》めて話すフォンセ

 ウラヌスは負けを認めて帰った

つまり、=(イコール)支配者達へ報告しに向かったと言う事

 レイたちの顔は一瞬で気付かれていないだろうが、直接拳を交えたライはそういう訳にもいかないだろう

「それに、キュリテが居るから私たちが侵略者ってバレちゃうんじゃないの?」 フォンセに続くような形で話すのはレイ

 幹部の側近であるキュリテは、良くも悪くも顔バレしている事だろう

「うん、私も同感ー