凱旋 スロット

凱旋 スロット

どうやら、その質問をされる事は至って普通に思い当たることだったらしく、穏やかに微笑み答え始める

「いえ、そこは"アルセン・パドリック"のままでお願いします

"許可証"はある意味精霊ガブリエルとの"誓約書"みたいなものです

"降臨を行える人物"は固定されている事で、"力"をぶれる事なく降ろして"降臨"させやすくなるんです

だから許可証の"名前を動かして"はいけないんです」「ああ、そういう事なら、じゃあ許可証の名前はそのままで"アルセン・パドリック"だね」通信機を手にしたままネェツアークはが確認すると、アルセンが無言で頷いて、"降臨の許可証"の話を続ける

「今回は限りなく質の似たリコさんと、私の使っている衣をつけることで、辻褄を合わせている状態での、"代理降臨"となります」そこまでアルセンが言った時、今度はネェツアークの持つ通信機から声の割り込みが入る

『にゃ〜、アルセン様言ってる事がややこしいにゃ〜!』『ラ、ライちゃん!』アルセンにしてみれば大分お馴染みとなった、2人の声が伝わってきた

あなたも好きかも:ゴッドイーター 勝てない スロット
そしてライとリコの声には、英雄3人は思わず苦笑していた

「ライ、簡単に言えば"名前はそのままで"と言うことだ」思わずグランドールが言うと、『にゃ〜、最初からグランのオッチャンみたいに言って欲しいにゃ!』と返事が返ってきて、リコが再びスミマセン!と慌てていた

あなたも好きかも:バカラ 買取価格
『ライちゃん、アルセン様は術をするにあたっての事を、然るべく説明にしてくださったのだから』「リコさん、気になさらないでください」紳士の笑みを浮かべて、アルセンはリコの言葉に答えた

「それじゃ、確認の連絡はこれでオーケーかな?リコリスさん?」ネェツアークが通信終えようとした時、俄に通信機の向こう側でから慌てたような雰囲気の音が漏れ聞こえる

アルセンとグランドールは顔を見合わせて、ネェツアークは何とも言えない顔になっている

"任務中"のネェツアークなら、通信での用事が済んだのならサッと次の行動に移りそうなものだが、そうする事を明らかに躊躇っている

あなたも好きかも:パチンコ アプリ 登録なし
「あちら側にしても、ネェツアークにしてもどうしたんですか?」アルセンが疑問の声をかけた時、ネェツアークが持つ通信機をから"答え"が帰ってくる