パチンコ スロット 収支 アプリ

パチンコ スロット 収支 アプリ

それが七名家のしきたりと言うものだ」「あば……あばばばば……」セイはストレスに耐えられなかったのか白目を剥いて、泡を吹きだした

あなたも好きかも:チェンクロ カジノ ドラゴン
「あ、あの……セイさん、大丈夫なんでしょうか?」モルシュタインは、立ちあがってセイの後ろに回ると「喝ッ」と短く言って、セイの首筋や肩の周囲を素早く突いた

「……はっ、お父様、私は……」「セイよ

父が言ったことは聞いていたかな? 当主は交代、交代する時は儀式に必ず出席 そして"学友たち"は売却だ

良いな?」モルシュタインから両肩を揉まれながら再びそう聞かされると「あばばばばばば……ばばば……ば、ばばば……」セイはまた白目を剥いて、口から泡を吹きだした

あなたも好きかも:スーパ ロボット 大戦 og パチンコ
モルシュタインは苦笑しながら、軽く首筋を叩いてセイを気絶させる

あなたも好きかも:バーストエンジェル パチンコ 信頼度
そして自らの席に戻り「タジマ君、至らぬ娘だが、どうかこれからもよろしく頼む」少し頭を下げてくる

俺も下げ返しつつ「……いえいえ

あの、ところで どうしても"学友たち"じゃないとダメなんですか?」一応、仲間として代わりに粘ってみる

モルシュタインは少し笑いながら「あれでなければ、セイが上にたつ者の立場の重みを分かることはあるまい

 魔族国の七名家の当主と言うのは、本来はあれよりも 遥かに重いものなのだからな」「……覚悟のほど、よく分かりました」本心では、娘を甘やかしたいに違いない

その気持ちは、親としてよく分かる

だが、やはりモルシュタインの中では自らの家を乱すということは、例え娘であっても絶対に許せないことなのだろうなとよく分かった

それにモルシュタイン自身も恐らく、クローディアへの当主交代を機に、一線から完全に退くつもりなのかもしれない

彼からは何か覚悟しきった凄味が感じられる

モルシュタインに断ってから気絶したままのセイを背負い、書斎から出ていく

神経を張り巡らせて、城内を行きかう魔族たちの気配に注意して避けながら何とか、何事も無く四階の宿泊室までたどり着く

扉を叩くと、中からナーニャとハルが顔を出して開けてくれた