ポーカー 役 ファイブカード

ポーカー 役 ファイブカード

 仏第1軍団長デュクロ将軍はこの命令を午後3時に至って受領し、この頃には第1軍団の混乱した主力諸隊は「危険な」ガレンヌの森からセダン要塞内部へなだれ込んでおり、将軍自身も残兵を集めてセダン城への退却途上にあって、この命令は無謀として「無視」しました

 仏第12軍団は大半が要塞の庇護下へ退却し、後衛部隊も退却途上にありました

バラン周辺では未だ闘志溢れる海軍「ブルー」師団の一部が交戦中ですが、その数は取るに足らないものだったのです

しかも戦後の諮問会で軍団長ルブロン将軍が証言するには「本官はこの命令に全く接していない」とのことでした

あなたも好きかも:スロット デビルメイクライクロス 音量
 バゼイユ付近の仏海軍歩兵 戦後、自己弁護のため多くの手記を発表することとなるヴィンファン将軍はこの時の状況について、「当時、私は命令伝達のために使用可能な適当なる士官の不足に悩んでいた

あなたも好きかも:パティオ須磨 パチンコ
これはマクマオン大将が負傷した折、その本営幕僚たちがみな、供をするとしてセダン城へ引き上げてしまったからだ」と「恨み節」を述べています

 こんな体たらくではヴィンファン将軍の勇ましい(ドン・キホーテ的な)反撃など満足に行えるはずはありませんでした

あなたも好きかも:スロット サロン ピーチ
 また、ヴィンファン将軍は午後2時まで待ちましたが、ナポレオン3世からの返答も親率援軍もありません

この後、ナポレオン3世皇帝の答書は、全てが手遅れになった頃にヴィンファン将軍の手元まで届きますが、そこにはただ奏上の内容を「否定」し、「この企画は無謀である」との主旨が記してあるだけでした

 将軍は恨めしいセダン城の北西わずか500m付近のヴュー・カンプ(旧・野営場)に集合した、ドゥ・ヴァソイーニュ少将率いる「ブルー」師団の残り数個大隊に、第7軍団のコンセーユ=デュームニル師団に属していて、ガレンヌの森からセダン要塞に向かって退却中のところを掴まえた戦列歩兵第47連隊、そして第1軍団のズアーブ各連隊の数個大隊を率い、フォン・ドゥ・ジヴォンヌの散兵線を通過して東側高地へ突進するのでした

 この5~6,000名の混成兵力による反撃行を知った仏第5軍団第1師団長のオーギュスト・ゴゼ少将は、自らの師団の残兵力を率いるとヴィンファン将軍に先行してヴュー・カンプを発し、ガレンヌの森南部を通過してジヴォンヌに至る街道(現国道D977号線)を目指し南東へ進みました

同じくヴュー・カンプに待機していたアバテュシ准将の旅団も右(東)に転回しバランに向け進撃を始めます

第12軍団のグランシャン少将(第1)師団の残兵もまた自分たちの散兵線を越えて前進するゴゼ師団やヴィンファン混成集団を見て、その最左翼(北東)側に加入するのでした