修羅の刻 スロット 天国モード

修羅の刻 スロット 天国モード

こうして、土手にでも座って、夕焼けが出てくるのを、じっと待つのもいい……

すごく休日って感じで……、眠気もくる……」 丁度、冬の川が見えるあたりまで歩いたので、急にしゃがんだクウネルに合わせて、僕も道の端に腰を下ろした

あなたも好きかも:フェアリーテイル パチンコ スタイル
 クウネルが土をテイスティングし始めた隣で、ぼうっと故郷の空を見続ける

 と言っても、もう僕の中だと異世界生活のほうが長くなってしまったので、故郷の空という表現はおかしいのかもしれない

 しかし、いま確かに、僕は郷愁の安らぎを感じていた

 なので、よしとしたい

あなたも好きかも:パチンコ 4000円負け
〝――今日から、ここが僕の故郷の空だ〟 故郷の空が、多くの戦いを乗り越えた僕の身体を癒してくれる

 故郷の風が吹き抜けていっては、土の匂いが鼻腔をくすぐって――「――って、違ぁあぁあああああああう!!」 その途中、クウネルは飛び上がるように立ち上がって、獣のように咆哮した

 それを近くで聞く僕は、彼女の感情の変化に和(なご)む

「正気に戻るのが早い……

僕が異世界に迷い込んだときは、もっと『混乱』してたのに」 いまのクウネルの気持ちが、よくわかる

 僕も異世界に迷い込んだときは、街の隅々まで確認しては、違いを見つけて驚いたものだ

「はぁっ、はぁっ、はぁっ……

と、というよりも……、セルドラ様はいずこへ?」「さっきスキップするような勢いで、図書館に行ったよ

一人で」「それは朗報……! 案外、空気読めてますね……! ただ、あても異世界の図書館とか、めっちゃ気になってきた!」「図書館は迷い込みの定番だよね