パチンコ 十三 おすすめ

パチンコ 十三 おすすめ

 と、その時ノックの音が響く

ロッティが来たようだ

「お姉様、私にも見せて!」「うん!はい、どーぞ」 ロッティがソファーの僕の隣に座り、グラスがお茶を差し出す

そのままバジルと並んで控えて…彼もすっかり侍従が板についているね

あなたも好きかも:パチンコ 一回 いくら
僕の友人達は全員招待してもらったので、ロッティも少那から離れた席にはなるが一緒に食べに行くのだ

あなたも好きかも:2月22日 スロット イベント 大阪
「スシ?……魚を、生で食べるの…?」 おや、ロッティの様子が…? 彼女は和食は全く知らないから、僕が食べたい物でいいと言ってくれた

あなたも好きかも:龍驤改二 スロット
それで寿司について説明していたら…「何言ってんだコイツ?」な目で見られた

 …そっか、この国に生食の文化は無いもんね

美味しいのに…大丈夫、ロッティが残したら僕が食べてあげるね!「(食べたくない…なんて、このお姉様の笑顔を見たら言えないわ…!)お、おいしそう〜…楽しみだわ〜…!」 うんうん!その後も本を広げ2人であーだこーだ言っていたら、ふと…バジルがグラスの顔をじー…っと見ているのに気付いた

「バジル、どうしたの?グラスの顔がなんか変?」「変じゃありません!…で、なんか付いてんのか?」「あ、いや…その…」 グラスが自分の顔を触りながら問い掛ける

どうやらバジルは無意識だったらしい、言葉に詰まっていた

「えっと…グラスは、箏の出身なんですよね?」「多分だけどね

それがどうかした?」「その…よく見るとグラスって、スクナ殿下に似てるな〜…と思いまして…」「「「え?」」」 今度は僕とロッティも、グラスの顔を凝視した

彼はたじろいだが、なんとか堪えている

「………そうかもしれないわね」「え、そう?そんなに似てる…?」 少那の顔を思い浮かべるも…言うほど似てるようには見えないなあ

僕がおかしいのか…?それとも…「ねえロッティ、バジル

少那の侍従の咫岐は知ってるよね

彼の顔はどう思う?」 という僕の言葉に、2人は唸った

「そういえば……彼も眼鏡を外したら、見分け付かないかも…」「です、ね…」 やっぱり