大山 パチンコ屋

大山 パチンコ屋

現在、龍府の司政官を務めているダンエッジ=ビューネルらとともにミレルバス政権の将来を担う五人として知られた人物であり、ザルワーン戦争後、ガンディアとの間で折衝を重ねた政治家集団の筆頭格でもあった

ガンディア政府が彼を優遇するのは道理であり、彼がクルセルク戦争後、大軍団長に抜擢されるのもわからないではなかった

あなたも好きかも:インフィニティビジョン パチスロ
 もっとも、ミリュウにしてみれば、五竜氏族の血を引く人間など、顔も見たくなかったし、彼と言葉を交わしたことさえなかったが

 一方、リュウイは、オリアン=リバイエンの長男だ

 リバイエン家は、ザルワーンの支配階級である五竜氏族に名を連ねる血筋であり、ザルワーンという国の礎を築き上げた一族の末裔として、知られている

あなたも好きかも:定量制 パチンコ
 ザルワーンは、奇妙な国だった

 国の統治者を国主と呼ぶ

あなたも好きかも:スロット 天城
決して、王とは呼ばない

その事自体は別段奇妙なこととはいえまい

国の支配者は必ずしも王ではないのだし、国や地域によって様々な呼び方が有るのは当然のことだ

ザルワーンの奇妙なところは、その国主の座が、ひとつの血筋ではなく、五竜氏族によって持ち回りにされているところだ

ヴリディア家のマーシアスが国主となり、その跡を継いだのはヴリディア家ではなく、ライバーン家のミレルバスだった、ミレルバスの後継は、ミリュウとリュウイの父であるオリアンだったようだが、彼がザルワーン国主としてなしたことといえば、ユーラたちに丸投げしたことくらいだ

 ともかく、五竜氏族とは、他国でいうところの王家、王族に当たり、オリアン=リバイエンの長男にしてリバイエン家の当主であるリュウイが、ユーラの重用に憤るのもそういうところにある

リバイエン家の当主である自分を無視してユーラを優遇するのはどういうことなのか、特権階級であることに慣れすぎてしまったリュウイには理解できないのだろう

 だから彼はミリュウを利用しようとした

 ガンディアでもふたりしかいない領伯のひとりである、セツナ・ゼノン・ラーズ=エンジュール・ディヴガルド

ミリュウは彼の愛人や恋人と目され、噂されている

噂は、ただの噂にすぎない

セツナならばくだらない風聞だと笑い飛ばすだろう