偽物語 忍 スロット

偽物語 忍 スロット

「半分……

あなたも好きかも:ゴールデン・ウェルス・バカラ
そんなに厳しいのか……」 ライナーは先読みされるのは慣れた様子で、その答えを吟味する

「戦い自体は完勝できるよ

それは間違いないけど、ノスフィーを説得しきれるかどうかは厳しいと思う」「城の陥落は断言できるのに、ノスフィーのやつに関してはそんなに駄目か」「この『未来視』も魔法だからね

魔力の高い相手だと読み辛いってのがあるんだ

それとノスフィーの心が、その――」「ああ、狂ってるやつは読みにくいんだろ? その魔法、気まぐれや思いつきで動く相手だと、『未来視』で見える可能性が多くなって効果が半減するみたいだな」 ノスフィーを説得できる未来は、いくつも視た

 けれど、説得に失敗する未来も、数え切れないほど視た

あなたも好きかも:貞子vs スロット
ノスフィーが背負っている精神の負債は様々な不幸を誘発する

 その全てを視きるには、魔力と時間が足りない

「……うん」 僕はノスフィーが狂っていることを認める

 そこまで落としたのは自分なのだから、それを否定するつもりはない

 その僕の表情を見てライナーは少し心配そうに話す

「……キリスト、頼む