テーブルゲーム 犯人は踊る

テーブルゲーム 犯人は踊る

真摯な態度なら、真摯を超えた慕情を

求める相手が快く差し出せるように、全身全霊で向かい合わなければならない”「でも、正直私はそれが大嫌いでした」ピーン・ビネガーの自由を奪い、最も縛りつけている、家訓でもあったから

「―――、すみません、使用人風情が賢者様の独り言の間に、私情の言葉を差し込んでしまいました」でも、1度は口に出してみたかった気持ち

あなたも好きかも:ザナドゥ カジノ
浮かべてはいけないと思いながらも、少年の執事の浮かべる表情は晴れやかなものとなる

あなたも好きかも:ガルパン スロット うさぎ革命
「「いやいや、構いません結構ですよ

へえ、そうなんだ」」自分の独り言を遮ったに等しいのに、ネェツアークは執事の告白に随分と感じ入っている様だった

「「独り言の序でに、これは大変興味深い物も"拾えました"」」身体を借りているルイ少年のトレードマークでもある八重歯を、はっきり見えるほど口端をあげて、ネェツアークは笑っていた

「"拾う"?」(自分の言葉の中に、そんなに賢者の興味をそそる物があっただろうか?)疑問を胸に抱いた次の瞬間には、小さな地響きを、執事と少年の神様は体感した

少年達の目の前で、泥が殆ど取れてしまったに等しいエリファスを中心に、蜷局(とぐろ)を巻くように闇色の大蛇がうねりを上げ、今までも比ではないくらいに大きさになっていた

あなたも好きかも:彼女 スロット好き
そして、鎌首をもたげる様にして、その長い身体を起こす

(もう、私の細剣でも、賢者様が使っているルイ様の少名毘古那神の曲刀の短剣にしても、今までの様な一撃で仕留めるという事は、無理ですね)この大蛇に、"やられる"という気持ちは恐らく、自分も独り言を始めた賢者にもないのだけれど、これからをどう進めていくのかが、ロックには皆目見当が付かない

けれど、先が見えない状況にロックは"慣れても"いた

何も連絡も通達もされずに策謀に巻き込まれるのは、いたずら好きの“旦那様”に、ロックは散々されてきた事でもある

旦那様がいた頃は、何も知らされずにされることで、その策謀に関しピーン・ビネガーの安否も気にしてはいたけれど、今はその必要もない

(私が今しなければならないことは、賢者殿の助勢をするだけ)そして求められているのは、賢者の中で纏めきれない言葉の整頓を手伝う事