十字架 スロット 打ち方

十字架 スロット 打ち方

その少し後ろでは徐々に『切れ目』が裂け始めていた

 私は「ああ、そろそろ異世界に逃げる時間だな」と思いつつ、鏡に映ったティアラ・フーズヤーズに笑いかける

 その余裕こそが、大人の証なのかもしれない

あなたも好きかも:十文字 ぱちんこ
 そして、私はティアラ・フーズヤーズの時間だけは動いていたという――レガシィの言葉を認める

あなたも好きかも:オンラインカジノ 永井先生
 『静止』した登場人物の中、私だけが成長を許されていた

確かに、それは本ならば、『主人公』の証と言っていい特別待遇だろう

「うん……

あなたも好きかも:専業主婦 パチンコ ブログ
だから……、もう終わらせよう、『全て(・・)』――」 大人らしく責任を持って、胸の中の『使徒』に囁いた

 私は指先に紫色の魔力を集めて、近くの『糸』を一つ摘む

さらに、くるくると指に絡ませて、そのまま力を込めて、捻じ切った

 ――〝新暦八年〟が始まる

 思えば、世界の『全て』を捨てることを私が決意したのは、この〝新暦八年〟からだ

 八年も遅れて、やっと私は陽滝姉との『決闘(ゲーム)』に本気で向き合う

「……シス姉、魔法陣って知ってる?」 まず、面倒な『呪い』の『清算』だ

 誰もが幸せになれる『魔法』のために、私も『糸』を操り始めていく

ずっと私は末っ子のように振舞っていたし、事実として誰よりも小さくて、か弱い存在だった