バイオハザード リベレーションズ2 パチンコ 評価

バイオハザード リベレーションズ2 パチンコ 評価

 勿論、全ての者たちから好かれているというわけではないが、それでも他の受付嬢たちからは一線を画すほどの人気を得ているのも確かなのだ

 と、代わる代わるに『烈火の狼』の面々が説明をするのを、サラサ当人は困った表情で聞いていた

「・・・・・・なんというか、自分の話ではないみたいですね」 最後にサラサが漏らした言葉で、彼女自身が今まで周囲の評価を知らずにいたことがわかる

 そして、リクたちもまたその反応を見て驚いていた

 この程度の話は、サラサであれば当然のように知っていると考えていたためだ

 両者の反応を一歩引いたところで見ていた考助は、ふと思ったことを呟いた

「本人の思っていないところで、噂が独り歩きすることなんて、よくあることだからね」 考助としては何気なく言ったつもりだったが、集まっていた他の者たちの視線が考助に集中した

 言うべきだろうかという空気が広がる中、シュレインが考助に敢えて突っ込みを入れた

コウスケ

それは、其方が言っても全く説得力がないセリフだと思うがの?」「うぇっ!?」 慌てて周囲を見た考助だったが、そこにいたすべての者たちが同意するような顔になっていて、自分の味方は誰もいないと悟り内心でがっかりするのであった

あなたも好きかも:バイオハザード 初代 スロット 天井
手負いの獣(モンスター)はなるべく作らないようにするのが冒険者間の暗黙のルールです

ただし、絶対に作らないようにするのは無理なので、できる限りの努力目標です

あなたも好きかも:ハンターハンター オンラインゲーム
そして、意外に自分の評価については、全くしらなかったサラサでした

勿論、業務として高く評価されているので評価されているのは知っていましたが、冒険者たちの評価までは知らなかった感じです

サラサの認識はともかくとして、今度は別の疑問をカーリが口にした

「ところで、サラサさんはなぜここに?」 着ている服(メイド服)を見れば一目瞭然なのだが、そもそもサラサはそんなことをしなくともいい立場をクラウンで築いている

 できれば違ってほしいというのがカーリの本心で、願いを込めて聞いたのだが、それはあっけなく崩れてしまった

 問われたサラサが誇らしそうな表情で、カーリに向かって言った

「それは勿論、この屋敷を任されているからです!」「いや、屋敷っていう規模じゃないと思うのだけれど・・・・・・」 横で話を聞いていた考助が思わずそう突っ込んだが、サラサを除くその場に集まっていた全員が頷いた