リゼロ スロット 導入台数

リゼロ スロット 導入台数

君達は緋の魔王が動き出すまでほとんど水面下に潜むだけだろう? ハッサを捕まえたことを知っているのならば今後は会合もほぼ行われなくなるだろうからね

規模に関してはジェスタッフがかき集められる私兵、冒険者の総数を考えれば大よそ見当は付くだろう?」「言われてみりゃそうだな

くそ、無駄な質問をしちまった」「それはお互い様さ」「俺の個人情報が無駄ですみませんね!? ったく、捕まってるってのに命の危機をほとんど感じねぇぞ」「ああ、それは君の本能が正しい

質問が終わったら君に関してはその辺に放り捨てるつもりだしね」「……おう、俺はジェスタッフ兄貴の右腕だぞ!? もうちょっとこう、なんかないのかよ!?」「『私』がジェスタッフなら君には大事なことは言わない」「んなっ、お前に兄貴の何が分かるってんだ!?」「そうだね、『お前が必要だと思うのなら勝手に動け、お前一人で動く分には無茶もできないだろうからな』とか言って君を信頼して放任するくらいには信用しているのだろう」「ッ!?」 どうやら図星のようだ

あなたも好きかも:ミズホ パチンコ
 ただ言葉が一致しすぎたかな、警戒心が随分と増している

 だがジェスタッフへの分析結果は思いの外正確に進んでいるようで何より

「最後の質問だ

あなたも好きかも:パチンコ 昔と今の違い
ダメ元で聞くけどリオドに接触してきたラーハイト、その周りの情報は知っているかな?」「……知らねぇよ」「知ってた」「腹立つな!?」 結局情報収集においてハークドックを捕らえた意味はほとんどない

 だがそれ以外ならば話は別だ

「ハークドック、君を捕らえた本当の理由はジェスタッフに情報を持ち帰らせることで彼に釘を刺すことだ

彼が動かなければただの歴史的貢献者の一族の末裔でしかない

感謝こそあれ敵に回す必要もなくなるからね」「兄貴がその程度で怯むと?」「少なくともゼノッタ王に睨まれることになるのは明白だ

その上で覚悟を決めるのであれば――」 ハークドックの眼を覆っていたバンダナを取り外す

 彼は目が合った途端、分かりやすく動揺し始めた

「な、ン……ッ!?」「その時は『私』が君達の全てを奪う敵となる

ジェスタッフの今後を思うのならば精々上手く立ち回ることだ」 ハークドックは返事の代わりに白目を向いて意識を失った

 二度目ともなると流石に悲しいものがあるが恐怖を植え付けられる方法があるのならば利用しない手はないだろう

「それじゃあイリアス、彼を適当な場所に放り捨てに行こうか」「良いのか? 君はこの男を警戒しているのだろう?」「それはもちろん、放っておけばきっとこちらの急所を嗅ぎ分け突いてくるタイプの男だからね」「始末しようとまでは言えないがゼノッタ王に身柄を預けてしまえば良いのではないか?」「その方法は既に考えた