スロット 喰霊零 運命 天井期待値

スロット 喰霊零 運命 天井期待値

 写本は1人の人間がやるのかと思っていたが、沢山の人数がかかわっている事を知る

 文字を写す人、チェックをする人、拍子の装丁をする人……他にも沢山

 大げさな身振り手振りで軽快に話す調子に、引き込まれる

営業が上手いな

あなたも好きかも:京急川崎 スロット
 ただし、依頼の交渉は難航した

 オレ達としては、装丁などどうてもいいので、沢山の本を安く写本して欲しいが、相手は違う

「それなりの装丁をしないと、手を抜いたと見られ、工房の評価が落ちるのです」 ブルッカに耳打ちされるまで、その視点がなかった

 そういうわけで、図書ギルドに本を借りる手数料も込みで金貨400枚の出費

クソ高い

 本というのは、貴族相手の商品なので、高いらしい

あなたも好きかも:七号機 スロット
 ブルッカが言うには、どこの工房も値段的には変わらないという

料金は横並び

装丁や、文字の美しさなどで、競っているそうだ

 分からない事だらけなので、任せることにした

「黒本や、読めない文字がある紙片の捜索を手配しますか?」 帰り際、ブルッカから提案があった

 図書ギルドに、依頼してはどうかということだ