ダブリン・ゴールド

ダブリン・ゴールド

そういう現実的な戦力としての評価を含めての発言に違いなかった

あなたも好きかも:オンラインかじノ 税金対策
「そっか

やっぱり、そういうところ、ジナらしいな」「だろ? 俺が好みだけで選ぶわけねえんだよ」「んふふ

あたしも?」「打算だぜ」「さっすがあ」「それで納得するんだ……」 ミリュウは、ジナーヴィとフェイの会話に置いてけぼりにされていることに気づいた

あなたも好きかも:ゆゆゆい スロット
「っていうか、紹介しなさいよ

ふたりの世界に入ってないでさあ」「なんだよ、妬いてんのか

もてる男は辛いな」「ジーナー」「はあっ!? 冗談は存在だけにしといてくれる!?」 ジナーヴィの馬鹿げた発言は、ミリュウにとっては心外甚だしいものであり、即刻撤回してもらいたいところだった

あなたも好きかも:設定 パチンコ 一覧
フェイがジナーヴィを睨み据えようと、そんなことで収まるものではない

ミリュウの心は、いつだってセツナだけのものなのだ

「きついな、おい」「地獄から蘇った亡者なんて冗談そのものでしょうが!」「そりゃあそうだ!」「笑ってる場合じゃないよ! ジナ!」 快活に笑うジナーヴィと呆れるフェイ

その側に佇むもうひとりの亡者がゆっくりと頭巾を外す

その頭巾の下から現れた顔は、やはり、知っている人物のものだった

「……久しぶりだ、ミリュウ」「ザイン! ザインじゃない! 元気してた?」 ミリュウは、思わず彼に駆け寄って、その生前となんら変わらない顔をまじまじと見つめた

 ザイン=ヴリディア