貞子 パチンコ 巻

貞子 パチンコ 巻

どういうことよ? どうしてセツナはわたしにはなにも教えてくれなかったの? なにも相談してくれなかったのよ?」 ファリアが、ミリュウに詰め寄るかのように声を上げてきた

あなたも好きかも:スロット ブランク図柄
いつもは冷静沈着な彼女が感情を露わにしているのは、セツナに頼ってもらえなかったということがそれだけ衝撃だったからなのかもしれない

(案の定、怒ったわね) ミリュウは、ファリアの表情を見つめながら、胸中でため息を付いた

あなたも好きかも:オーストラリア オンラインゲーム
想像よりは大人しい反応なのが救いといってもよかった

が、考えて見れば、当たり前のことかもしれない

《獅子の尾》の部外者が顔を揃えた場で、ファリアが取り乱すことなど有り得る話ではない

「だれも巻き込みたくないからでしょ」「だれも巻き込みたくないって、もう巻き込まれてるわよ」 ファリアは、憤然としていった

(それもそうなんだけど) ぐうの音も出ないとはまさにこのことだった

実際、だれもが巻き込まれている

巻き込まれざるを得ない

セツナが行動を起こしたのだ

セツナはガンディアの王宮召喚師で王立親衛隊長で、ガンディアで双璧をなす領伯のひとりであり、英雄だ

彼が動けば、多くの人間が巻き込まれるのは、必然といってもいい

「これじゃあまるで、わたしが信用されていないみたいじゃない」 ファリアが悲しそうにつぶやいた一言が、彼女の本音なのだろう

彼女としては、セツナに頼られたいのだ

これまでがそうであったように、いつも頼ってほしいのだ

信じて、頼ってほしい

それだけが自分の存在価値だとでもいうかのように、彼女は考えている