サミー パチスロ 一覧

サミー パチスロ 一覧

あなたも好きかも:パチスロ ハイ スクール dd
 視線を向けていると気づかれたのか睨み返される、どうみても殺意しか込められていない

 そりゃこんな茶番につき合わされちゃなぁ……

 デュヴレオリは紫の魔王の召集に素直に応じたらしいが他の大悪魔はほぼ強制的に連れて来られたらしい、ユグラから教わった魔物を統べる力や『序列の呪い』の様な制約でもあるのだろうか

 紫の魔王、エプロン姿が初々しくて良い

 ではなく、調理を見る感じあちらはスープ系の料理だろうか

あなたも好きかも:パチンコ メーカー 撤退
 普段ならこちらに熱い視線を向けている彼女だが今は料理に専念している

 本気と言うことだろう、ならばこちらも受けてたとう

「さぁ、こちらは完成したわ? 貴方はどうかしら?」「ああ、こっちも仕上がった

焼き物だから先に出しても良いか?」「ええ構わないわよ?」 互いの料理にクロッシュを被せ審査席に並べる

あなたも好きかも:無制限台 パチンコ
 そして審査席に座るのだが、ラクラが手を上げた

「はいはーい、尚書様ー! 尚書様の料理食べたいですー!」「あのなぁ……」「貴方自身の料理だけならば問題ないわよ?」 それもそうか、自分の料理に関しては味見でもう分かっているのだから食べる必要が無い

 こちらの料理を食べるのは紫の魔王と大悪魔の一人、あとは適当にこちらの人員でも良いのだ

「そちらがそうするなら私の料理はググゲグデレスタフだけでなくデュヴレオリにも食べさせようかしら」「光栄でございます」 そんなわけで最初の審査員席に座ったのは紫の魔王、ググゲグデレスタフと言う名の大悪魔、ラクラの三名である

 ラクラが不相応に見えて仕方ないのだが、こいつは大悪魔を倒した経歴もある、ある意味対等だ

 クロッシュを持ち上げる、そこからはパチパチと言う音と湯気が立ち込める

「こちらの料理は荒挽き肉と野菜を混ぜたハンバーグ、そしてお題の芋のピュレだ」 ピュレ、フレンチでは良く見られる芋を磨り潰した物、いわゆる付けあわせ料理だ

 だが昨今では有名なレストランのシェフが一品料理として仕上げたりとシンプルながらに奥が深い

 牛乳、塩、バターを使う料理だが牛乳はこの国では生産されていないので山羊の乳を使った

 バターに関してはノラとの魔法研究の一環で温度調整を行える容器の製造をした際に試しに作ったものだ