川崎大師 ぱちんこ

川崎大師 ぱちんこ

ベインとロウファの飲み比べが始まってしばらくしてからのことだった

「ところで御主人様」 レムが、唐突に話しかけてきたのだ

 振り向くと、彼女はなにか質問したそうな表情でセツナを見ていた

あなたも好きかも:福知山 パチンコ 優良店
黒髪に赤い瞳の少女

あなたも好きかも:ポケモン 黄 スロット
この会食の場に相応しいとはいえない彼女は、人目を集めざるをえない

しかし、彼女がセツナの下僕として有名な死神レムだと知れば、即座にその好奇の目を伏せるのだ

レムへの視線がセツナの不興を買うかもしれない

あなたも好きかも:スロット フェアリーテイル 中段チェリー
「なんだ? ちゃんと食べてるか?」 セツナは問うついでに、彼女がこの立食形式の会食を満喫できているのかも問うた

レムはセツナの側からほとんど離れず、セツナはシドたちと立ち話ばかりしていて、食事をしている暇もなかったからだ

レムは、セツナの気遣いに少しばかり驚いたような顔をした

「あ、はい

美味しく頂いておりますのですが」「ん? なにか気になることでもあったのか?」「先程から御主人様のことを熱烈に見ておられる方がおられまして」「え?」「あちらに」 レムが指し示した先には、会食の参加者たちに紛れて、金髪碧眼の美女が立っていた

きらびやかな衣装で着飾ってはいたが、その凛とした立ち姿には見覚えがあった

というより、忘れようがない

 シルヴィール=レンコードだった