dd北斗の拳 パチンコ ターゲットカウンター

dd北斗の拳 パチンコ ターゲットカウンター

 ミリュウは、多数の神々を相手にしながら、ほぼ一方的な戦いぶりを見せており、さすがは彼女というほかなかった

 そのときだ

『聞こえるか、諸君』 突如として頭の中に響いたのは、女神の聲だった

あなたも好きかも:ブラックジャック 凶器
「あ、マユリん

あなたも好きかも:武蔵新城 パチンコ 評判
久しぶりー!」「そういうこといってる場合?」「聞こえますよ-」『いま、戦場を掻き乱している赤黒い衣を纏った連中は、セツナが召喚したものたちであり、こちらの味方と思ってくれていい』「それならそうともっと早くいってくれればいいのに」『おまえたちが通信器を持っていないからだ』「ああ、そういえばそうだったわ」 すっかり失念していたことだが、そういえば、ファリアもミリュウもルウファも、腕輪型通信器を身につけていなかった

異世界での試練では不要だからと、持って行かなかったのだ

まさか、帰ってくるなり戦場の真っ只中だとは、想定外以外のなにものでもなかったのであり、不慮の事故といっていい

『戦況は、こちらが優勢のように思えるが、おまえたちが相手にしている神々がいる以上、予断を許さない』「そうね

いくらわたしたちが神様たちを相手に大立ち回りを演じられても、決着のつけようがないわ」「それに、いつまでもこの状況が続くと思えませんしね」『案ずるな

既にそちらに応援を寄越している』「応援? セツナ? セツナなのね? わかったわ!」 ひとり早合点したミリュウが大魔法をぶっ放す瞬間を目の当たりにして、ファリアは、言葉もなく、神々の攻撃をかわしていた

(そんなわけがないでしょう) ミリュウは、勝手に早合点して、セツナが応援に現れると思ったようだが、レムに聞いた限りでは、そんなことはありえない話だった

 この戦いにおいて、セツナが前線に出ていないのには、理由があるのだ

あなたも好きかも:パチスロ まどマギ 天国
 ネア・ガンディアとの決戦に備えるのであれば、セツナは力を温存しなければならない

ネア・ガンディアの支配者にして神々の王たる獅子神皇を討ち果たすには、やはり、どう足掻いても黒き矛カオスブリンガーの力が必要不可欠であり、しかも、ただ黒き矛が使えるのであればそれでいい、というわけではないのだ