パチンコ 動画撮影 機材

パチンコ 動画撮影 機材

ツッコむ人がいません

だから読み手がツッコミにまわります

「ボケ倒し」はいかに読み手にツッコませるかが鍵です

あなたも好きかも:パチンコ ミルキィホームズ
「ボケ倒し」の場合「話芸」つまり「文体のコメディー」に近くなります

 よほど巧みな語り口で書かないと、読み手がノッてこないのです

 ですので、もし「文体のコメディー」に自信がないのであれば「シチュエーション・コメディー」にしてひとりをボケ、もうひとりをツッコミにしてください

 それだけで結構笑える作品に仕上がりますよ

文体のコメディー「シチュエーション・コメディー」と対をなすのが「文体のコメディー」つまり「話芸」です

あなたも好きかも:スロット 5.9 機種
 日本では落語家や一部のお笑いコンビが得意とする笑いになります

 ですが実際「落語」は「シチュエーション・コメディー」をひとりで行なっているようなものです

名作「芝浜」だって夫婦や他の登場人物をひとりの語り手(落語家)が演じ分けて笑いをとりにいきます

 言葉遊びとしての「文体のコメディー」は、最近ではお笑いコンビ・ナイツの十八番(おはこ)です

「インターネットのヤホーで調べてきました」とか「クソソソのことか〜〜!」とか

シチュエーションを持たない「語り」だけで笑いをとれる稀有な才能だと言えます

 逆に「シチュエーション・コメディー」の名手がアンジャッシュです

ひとつの「シチュエーション」を設定し、そこに前提の異なるふたりを放り込んで生まれるすれ違いの笑いこそ「シチュエーション・コメディー」そのもの

 近年のお笑い芸人において、ひとりで「シチュエーション・コメディー」を成立させた人物こそ陣内智則氏です

彼は音や写真などを巧みに使いこなして、たったひとりで「シチュエーション・コメディー」を成立させました

音や写真がボケで、陣内智則氏がそれにツッコんでいくスタイルは「斬新」の一言です