バカラ ダークサイド

バカラ ダークサイド

貴族の女子供はその種のことを自分ではしないでしょう?そして、あなたには一片の興味もない

安心して下さい」低く唸り声を上げたネアは、この分からず屋を黙らせるべく、ポケットに片手を突っ込んだ

しかし、察しのいい額縁の魔物はすっと視線を逸らしてしまい、わざとらしく胸ポケットから取り出した小さな手帳を見ている

「………次のリタ派の回顧展までは、三月程ありますからね

それだけあれば、あなたがどのような生き物なのかを知るには充分でしょう

あなたも好きかも:パチンコ ジューシー 3
…………とは言え、確かに瞳の色は独特のものですね

人間には、そこまでの多色を持ちながらも可動域の低い者はまずおりません

しかし、その物珍しさだけであれば、瞳だけ取り出して保管しておけばいいのでは…」ぴしりと、音がした

ネアはその音に驚いて足元を見て、石畳に見たこともない漆黒の氷のようなものが張り、ひび割れた音だと気が付いた

(ディノ………………?)「エドワード」その声はひたりと暗く、そして夜闇の中で開く大輪の花のように息を飲むほどの鮮やかさであった

ぐんと質量を増した大気は重たいゼリーのようで、全身の血が下がって体が冷たくなる

「……………我が君」その声は囁く程に微かな響きで、エドワードは震える手を自分の胸に当てる

あなたも好きかも:中の スロット
ざわりと揺れた真珠色の髪は、光を孕むその美しさがいつもの澄明さよりどこか果てし無く暗い

あなたも好きかも:本八幡 パチンコ ジャンボ
その暗さに目を射られれば、あまりに隔絶された美貌には例えようもない冷酷さが見えた

「君の言葉がこの子を傷付けるのであれば、そして君の行いがこの子を煩わせるのであれば、私は君をこの世界からなくしてしまわずにはいられない

…………ここから立ち去るといい」静かな声はやはり美しかった

静謐な真夜中の雪原のようで、ネアはあの美術館の絵を思い出す