スロット まどマギ2 天井恩恵

スロット まどマギ2 天井恩恵

『国王陛下は、何処から何までを知っているのやら……お、あったわい』メイプルが眠った場所付近に脚を踏み入れたなら、直ぐに爪先に触れる

"トレニア・ブバルディア・サンフラワーの武器は、直ぐに見つかる筈だ

多分、直ぐに気が付くだろう"『トレニア・ブバルディア・サンフラワーの物が残って、メイプル・イベリス・サクスフォーンの物がこの世界に残れない違いは、何のだろうのう』利き手である右手で、拾い上げてみたが、造りは植物の物である筈なのに、少しもしなだれているという事はなかった

あなたも好きかも:スロット日記 全ツッパ
『武器まで同じだというのにのう』共に英雄として、更には国という垣根を超えて、福祉の為に尽力を尽くした

あなたも好きかも:パチンコ 恋姫無双
伴侶として迎えて迎えた人も、同じく、仲間として惚れぬかれている男性(ひと)だった

あなたも好きかも:ガルパン2 スロット
『違うとしたら、その伴侶の性格という事になるのかのう……おや?』鞭を拾い上げた後、靴底に何かの堅い感触を受ける

石や自然にある物とは、違った感触だった

―――金具は腰についたままでありますから、何かの拍子で外れたんでしょうか

不意に、あの時、この場所でアルセンが口にした、言葉がグランドールの埋もれていた記憶の中から掘り下げられる

とっさに身を屈め金の腕輪を嵌めた左腕を、靴底に伸ばした

『ははは、陛下、メイプルの物、残っておるぞ』そう言いながら、褐色の手で拾い上げた物は間違いなく、旧友が彼女の為に造ったという、鈴蘭をモチーフにした銀の金具だった

『その時(とき)や、場所から消えてしまっても、何も残っていないわけではないということなのかのう』"妹"としか思えない人から贈られた金の腕輪と、旧友が最愛の人に贈った銀の鈴蘭の金具が、輝く