パチスロ アルゼ王国2

パチスロ アルゼ王国2

そのまま静かにコートのチャックを下ろして上着を脱がせ、素早くネクタイまで解いてしまう

 そしてそのまま黒いワイシャツのボタンを外しているうちに、隣に押し倒されていたカノンも起き上がった

「あ、あの、お姉様…………分け合うって…………」「うん、そういうこと♪」 段々と呼吸が荒くなっていく

彼女の甘い香りが容赦なく鼻孔へと流れ込んできて、俺の身体を侵食していく

「だから、いいよね?」「お、お兄様…………わ、わっ、わたくしも…………っ!」 2対1かよ…………

あなたも好きかも:ブラックジャック 全巻 ブックオフ
 ちらりとドアの方を見て、高級そうな木製のドアに鍵がちゃんとかかっていることを確認した瞬間、拒否するという選択肢が木っ端微塵に砕け散った

もし鍵がかかっていなかったら、誰かが部屋に入ってくるかもしれないという理由を使って逃げていたかもしれない

 けれども、もう逃げようとは終えなかった

 まったく、本当にハヤカワ家の男って女に襲われやすいんだな

 親父と同じ体質を思い出しながら苦笑いし、首を縦に振った直後―――――――俺は、多分ケーターと同じ事をされる羽目になった

長い剣爵の歴史の初期

 まだ、その世代が三つとなっただけ

あなたも好きかも:パチンコ 客 暴れる
 父だった男は祖父となり

 母だった女は祖母となり

 子だった者が新たな親となった

 新たな世代が誕生すれば、自ずと人は旧き者となっていく

歴史は深まる一方で、本人への認識は薄れ、いずれは忘れ去っていく

 それをまだ自覚しない頃