ぱちんこ 深谷

ぱちんこ 深谷

 あのままでは、城壁が崩れている部分がミンチにされたホムンクルスの死体で埋められてしまうのではないだろうか

 上空のAC-130Hスペクターたちは、砲弾の再装填をしているうちに他の機体が砲撃し、再装填を終えた機体と攻撃を交代しながら、攻撃を途切れさせないようにしている

 やがて――――――――ホムンクルスたちを血祭りに上げているAC-130Hスペクターの群れの後ろを飛行していた3機のAn-225ムリーヤたちが、まるでAC-130Hスペクターたちの単縦陣を乗り越えようとしているかのように高度を上げたかと思うと、シュランブルフ城の真上で機体の後部に設置されたハッチを開放した

あなたも好きかも:パチンコ 1円 4円
 それと同時に、沖で待機していたジャック・ド・モレー級やスターリングラード級の主砲がゆっくりと旋回を始める

巨大な砲身がゆっくりと上がっていき、甲板の乗組員を退避させるための警報が響き始める

「タクヤ、ハッチを閉めないと」「ああ」 スーパーハインドのハッチを閉め、窓の前に移動した

 スペツナズや俺たちを乗せたスーパーハインドがジャック・ド・モレーの上を飛び越え、艦隊の最後尾を航行するウリヤノフスク級原子力空母『イリヤー・ムーロメツ』の甲板の上にゆっくりと降り立つ

 一緒に乗り込んでいたナタリアが兵員室のハッチを開けようとした瞬間、窓の向こうで緋色の光が煌いた

あなたも好きかも:シルバーバック パチンコ 求人
ドン、という轟音が海の上で産声をあげ、ジャック・ド・モレー級に搭載された4連装砲が爆炎と黒煙を吐き出す

 現代では廃れてしまった戦艦たちが、砲弾を放ったのだ

周囲を航行する6隻のスターリングラード級重巡洋艦も砲撃を始め、火の海のど真ん中に居座るシュランブルフ城へと砲弾を叩き込んでいく

きっとブルシーロフ提督はこのまま引き返すのではなく、あの大量に製造されていたホムンクルスたちを砲撃で焼き尽くすつもりなのだ

 砲撃を終えた砲身が戻の位置へと戻っていったかと思うと、あっという間に砲弾の装填を終えてしまったらしく、再び先ほどの角度へと上がっていく

あなたも好きかも:機歴 パチンコ
連射速度を底上げするために装填装置を改良しているのだが、40cm砲とは思えないほどの速度で立て続けに砲撃ができるのは、ジャック・ド・モレーの乗組員たちの錬度が高いという証と言える

 戦艦はホテルにあらず

 立て続けに出撃し、乗組員たちに実戦を経験させなければ錬度が上がることはない

切り札だからという理由で軍港に停泊させているわけにはいかないのだ